時間外

  早朝や運転終了後の線路って結構おもしろいんですわ。

  〔 TAMRON ASPHERICAL LD 28-300mm F3.5-22 IF 〕
b0101841_1151248.jpg
  (始発前:京王線)

   人工物ならではの直線もなかなかです。東京はそういうものに困りませんしね。

   大学時代、人類学や歴史・民俗学の専攻だったんですが、なぜか映画実習の授業もとってました。
  その実習は実際の映画監督を呼んで、一年間の作成期間で一本の映画を作る物だったんですけど、
  撮影帰り(たぶん明け方くらい)に監督と飲んでたんですわ。
  監督が言うには、60年代くらいまでの邦画は線の使い方がきれいだったとか。
  廊下、客間、畳の縁から柱の配置まで、確かに日本家屋の‘線’は視点によっては
  なんともいえない清廉さがでるものです。
  仏教建築でもそうですが、仏と目が会う場所に座ると伽藍の世界観が出るように
  日常の生活文化にもそういう‘意図するもの’が染み込んでたのかもしれませんねー。


  〔 TAMRON ASPHERICAL LD 28-300mm F3.5-22 IF 〕
b0101841_11241546.jpg
  (回送電車:朝焼け)

   結構ちっちゃい頃は確か緑色の電車が走ってました。
  電車に冷房が無い頃って旋回式の扇風機が付いてましたよね、窓も空いてたし。
  電車の窓開けるのって、バスの停車ボタン押すのと同じくらい楽しみだった気が・・・。
  有人改札じゃなくなったのっていつ頃でしたっけ?   
[PR]
by hammock_life | 2006-07-29 11:39 |
<<   ただいま 今のうち >>