<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

  時間外

  早朝や運転終了後の線路って結構おもしろいんですわ。

  〔 TAMRON ASPHERICAL LD 28-300mm F3.5-22 IF 〕
b0101841_1151248.jpg
  (始発前:京王線)

   人工物ならではの直線もなかなかです。東京はそういうものに困りませんしね。

   大学時代、人類学や歴史・民俗学の専攻だったんですが、なぜか映画実習の授業もとってました。
  その実習は実際の映画監督を呼んで、一年間の作成期間で一本の映画を作る物だったんですけど、
  撮影帰り(たぶん明け方くらい)に監督と飲んでたんですわ。
  監督が言うには、60年代くらいまでの邦画は線の使い方がきれいだったとか。
  廊下、客間、畳の縁から柱の配置まで、確かに日本家屋の‘線’は視点によっては
  なんともいえない清廉さがでるものです。
  仏教建築でもそうですが、仏と目が会う場所に座ると伽藍の世界観が出るように
  日常の生活文化にもそういう‘意図するもの’が染み込んでたのかもしれませんねー。


  〔 TAMRON ASPHERICAL LD 28-300mm F3.5-22 IF 〕
b0101841_11241546.jpg
  (回送電車:朝焼け)

   結構ちっちゃい頃は確か緑色の電車が走ってました。
  電車に冷房が無い頃って旋回式の扇風機が付いてましたよね、窓も空いてたし。
  電車の窓開けるのって、バスの停車ボタン押すのと同じくらい楽しみだった気が・・・。
  有人改札じゃなくなったのっていつ頃でしたっけ?   
[PR]
by hammock_life | 2006-07-29 11:39 |

今のうち

   えー、またまた更新止まってました。
  楽しい気分で書けなそうな時は、こんな風に止まってしまいますがご容赦を。

   真夏になってしまうと、ここらはモヤが出ちゃうので今のうちに。

  〔 PENTAX OPTIO S40 〕  
b0101841_645880.jpg
  (目白駅前)

   晴れてるからって、必ず空が青いわけでもないですしねー。

b0101841_6394457.jpg
  (王子駅周辺)

  虹が出てました、40点といったところか・・・

 〔 TAMRON ASPHERICAL LD 28-300mm F3.5-22 IF 〕
b0101841_653878.jpg
  

  たまには折れた虹とか個性的なやつが出てきてもよさそうなものですが。

  
b0101841_6555969.jpg
  (まぁ、虹にも都合があるでしょうし)


   この前、仲間が豊島園のプールへ泳ぎに行ったそうです。イイナー
  泳ぐにはやっぱり室外が一番。日ごろ区民プールばかりだとやっぱり肩が凝るというか。
  外のほうが、水の中にいる実感が強いからでしょうか。なんか好きです。
  人がいない湖とか最高なんですけどね。オレゴンとか行かなきゃだめかも。
  海で素潜りなんて良いな、八丈や妻良とかで。
[PR]
by hammock_life | 2006-07-24 07:32 | 出来事

  空の蓋

   屋根の色って結構カラフルですよね。

  〔 TAMRON ASPHERICAL LD 28-300mm F3.5-22 IF 〕
b0101841_2116495.jpg
  (日暮れ前)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  蓋付の空。
b0101841_212057.jpg
  (下は新宿高層ビル街)

  朝焼けならばもうちょっとやわらかい色だったんでしょうが。
 
  街が日焼けしてました。
[PR]
by hammock_life | 2006-07-12 21:20 |

  強風注意報

   結婚式の引き出物に、自分で選べるカタログタイプの物ってありますよね。
  ちょうど(手頃な)扇風機が欲しいなーと思っていたので選んだのですが・・・

  〔 PENTAX OPTIO S40 〕
  
b0101841_22432464.jpg
  (ちなみにワインのビンはフルボトル)

   今日、届きました・・・、っておい(--;
  で、でかいんですけど。というかごつい。
  確かに、カタログだと‘ちょっと大きめ45cm♪’とか書いてあった。ああ、それは認めよう。
  でも、でもね、直径45cmだと思ってたら羽根(一枚の)直径45cmだった!ワーイ
  あれ?俺だまされた??在庫処分・・・・なんてことはないよねぇ???
    なんてーかね、ドライアイスさえ買ってくれば今すぐにでも風洞実験ができてしまうのだ、こいつは。
  直接風を浴びてると、涼むというよりは体力を削られていきます。
  紙吹雪さえ作れば北島三郎ごっこすらできてしまうだろう(絶対やらんが)。

  しかし、明らかにご家庭サイズではないと思うのだよ。それで箱をもっかい見てみると

b0101841_2311834.jpg


  「工業用」かよ!!

   もはや業務用すら超越してました。いつの間にか我が家は工場に。
  ‘弱’が家庭用扇風機の強並の威力なんで、上に向けて回すだけで部屋中に気持ちいい風が・・・吹き荒れます。
  部屋で空気の対流を経験できるとは思いもしなかった。
  
   でも、せっかくだから活用します。これならクーラー使わなくてすむし。
  風鈴は・・・風情がなくなるからつるせないなぁ。
[PR]
by hammock_life | 2006-07-11 23:13 | 出来事

  足跡

   更新、止まってました。ちょっと気分じゃなかったもので。
  また再開します。

  〔 PENTAX OPTIO S40 〕
b0101841_2531523.jpg
  (施設内、紡績機)

   ここは、名古屋駅近くにあるトヨタの「産業技術記念館」。
   昔、紡績工場だった赤レンガの建物を改修し、過去の紡績機械、自動車、重工業用機械等を
  間近で見学、体験できる施設です。
  歴史の教科書や資料集などで出てくる、産業革命あたり(イメージ)の機械がずら~っと並んでいると
  思えばわかりやすいかも。

  
b0101841_30391.jpg


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0101841_31507.jpg


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0101841_321687.jpg


   展示の仕方、というか見る人を楽しませてくれるところは
  ‘さすが企業’ですね。なんとなく、博物館全体のセンスがいいです。

   紡績以外では車の内部構造、エンジン、工業生産ラインの展示も多いのが特徴。
  工業系の学校や男子校を連れて行く場合が多いのですが、家族連れでも十分楽しめます。
  中庭で休憩できたり、力学を応用したアスレチック、体験機等もありなかなかの施設です。


b0101841_3144782.jpg
  (大型のプレス機が稼動するのを見たりもできます)   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0101841_312483.jpg
  (車好きの人にはたまらないんですかね?こういうの)
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0101841_313095.jpg
  (小さい頃田舎で見たような・・・・)
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0101841_3132055.jpg


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0101841_316389.jpg
  (エンジンやシャーシなどが型ごとにずらり、レース用もありました)

   高級車の吸気口(正面から見た歯のようなところ)に関して、前に聞いた話しなんですが、
  欧米系の人達の感覚では、高級車は‘神殿’であり、存在そのものが高貴、という感覚があったそうな。
  王族や貴族を乗せるために作られた初期の高級車は特にそういう感覚が強かったらしく、
  吸気口の形状は、ギリシャ神殿の柱をモチーフにしているらしいです。
  現在はそういう感覚も薄れているのでしょうが、縦格子の吸気口は高級感の象徴だった
  時代もあったようです。クラシックカーを見たときにチェックしてみると面白いです。
  
   そういう感覚を持った人達の目には、高度経済成長期の‘日本車’はどう映ったんでしょうね。  
  物でもなんでも、そういう、時代を含めた人の気持ちを考察してみるのは面白いもんです。
  
[PR]
by hammock_life | 2006-07-06 03:44 | 旅:添乗紀