添乗紀:白神山地② 青森 大崩(おおくずれ)登山


   昨日に引き続き白神山地シリーズ。

   青池を通過し橅(ぶな)の林がある大崩(おおくずれ)への登山です。

  「空のペットボトルだけ持ってきておいてください」 と森のガイドさん

  〔 PENTAX OPTIO S40 〕 
b0101841_3523699.jpg

  (登山開始、人工物はほとんど無く本当に森へ「お邪魔します」という感じ)


   登り始めるとすぐに湧き水があり、そこでペットボトルに水を補給。すごく冷えていました。
  野菜とかここで冷やしたらうまいだろうなーとか考えつつ先へ。

   橅(ぶな)の木は他の植物より多くの水を蓄える事ができるらしく、自然のダムのようなものだと
  言っていました。しかし杉などよりも植生が弱く、日本の山地に多くあった橅(ぶな)の原生林も
  激減していったとの事です。そのため自然の状態で残存している原生林は貴重であり
  世界遺産に指定される要因ともなったとか。

   学校の学習旅行では、海、山、畑の水の循環といった自然のシステムの勉強を
  総合学習と絡め企画してみました。何より中高生のうちから

  「水はおいしい」
  
  って事を実感してもらえるのが嬉しかったりします。


   登山途中様々な植物や花が迎えてくれました。
b0101841_43879.jpg

  私「これはなんて花ですか?」
  ガ「ああ、それね。トリカブトですよ。どうです、部長さんのおみやげに?」
  私「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぜひ=゚ω゚)=3」
  ※ダメです 
 
[PR]
by hammock_life | 2006-05-25 02:23 | 旅:添乗紀
<<   渋谷:青山  適当に散歩     添乗紀:白神山地① 青... >>