添乗紀:白神山地① 青森十二湖


    実は仕事で修学旅行や海外留学を作ったり添乗したり。ちょっとづつ裏話も含めご紹介。

  ここは青森県深浦町(西のほう) 津軽国定公園にある十二湖のひとつ「青池(あおいけ)」

  〔 PENTAX OPTIO S40 添乗中の相棒。添乗中は走り回るため私同様ぼろぼろに。でもまだ十分現役 〕
b0101841_031235.jpg

  (最初に見たときはぼ~っとしてしまいました、綺麗で)
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



b0101841_030875.jpg

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0101841_0323981.jpg

  (大崩登山前:日の差し方によって青さや透明感が変化)

   白神山地の緩衝地に接したこの場所は周囲の山を登ると橅(ぶな)の原生林があります。
  宮崎駿が「もののけ姫」の舞台イメージとして屋久島と白神山地を合成したのは有名な話し。
  周囲は鬱蒼とした広葉樹に囲まれ、緑の絨毯を切り取るように群青色が輝いています。
  なぜ池が青くなるのかは不明ですが、裏磐梯の五色沼のように鉱物が溶け込んでいるからとの説も。
  写真に映っている朽ちた老木は橅(ぶな)、池の深さは5~7mはあるとの事ですが
  くっきりと底まで見渡せます。有名な観光地からは離れていることもあって人も少なく、
  森の音と色と光しかない、すばらしい場所でした。
   私が訪れた二年前にちょうど遊歩道の整備などが整ってきたとの事なので
  足の不自由な方などでも散策できるようになると現地ガイドの方は話していました。

   白神山地には「核心地域」と「緩衝地域」があり、旅行者が無許可で立ち入ることができるのは「緩衝地域」となります。
  また多くの旅行者が訪れる地域のぶなの原生林では、木の根を旅行者が踏みつけることによって
  森の生命力が弱まる問題が起こり、対策が講じられています。(遊歩道の設置など)
  青森県側では観光業に力を入れていることに対し、秋田県側では自然保護を重視するなど
  対応もそれぞれですが、私は秋田県側のほうが素朴で旅をするには好みでした。

   まぁ地元の漁協ではなしたじいちゃん曰く
  「いっつのまにか、お山さんにたいそうな名前がついてたんだ~」  とのこと(^^
[PR]
by hammock_life | 2006-05-24 01:11 | 旅:添乗紀
<<   添乗紀:白神山地② 青森 ...   恩師 >>